婚約指輪よくばり情報館
経済低迷中の昨今だが、婚約指輪は2人の思いの証として意味があるものです。
Show MenuHide Menu

婚約指輪は必要かどうか

かつて婚約指輪は給与三ヶ月分が相場とされていました。

バブル崩壊までの、まだ日本の景気が良かった時代の話です。

しかし、景気低迷の昨今、給与三ヶ月分とまではなかなかいかないのが現状です。

もちろんブランドや、ダイヤモンドのグレードなどこだわる人も多いし、逆に指輪はおろか結婚式も必要ないと感じている人も増えています。

確かに結婚というのは挙式、披露宴、新婚旅行などで大きな金額が動きますから、その分のお金を今後の生活に回したいという選択はある意味賢いと言えます。

しかし、そうして婚約指輪を貰わない選択をした女性の中に後々後悔している人がいるのも事実です。

男女双方が全く必要がないと思っている場合はともかく、女性の方に少しでも、本当は欲しかったという気持ちがあれば、後々夫婦関係に問題が生じた時に不満が吹き出すという話も珍しくありません。

逆に、小さなこじれはあるけれども、指輪や結婚式の写真を見たら初心を思い出して許せたという意見も多いです。

指輪そのものに価値を見出だせる男性は多くはありませんが、例えそれが小さな安いものであったとしても、男性のその時の経済的な努力、女性への気持ち、両方の目に見える形が婚約指輪であり、財産としての価値ではなく、心に残る宝物して意味のあるものです。
【関連リンク》http://www.louisegoldin.net/